ロープウェイ

ロープウェイ(ゴンドラリフト)

待ち時間の少ない循環式ゴンドラリフト

クマ牧場へ行く唯一の手段として、登別温泉街の中心にあるロープウェイ山麓駅から高速ゴンドラ(通常6人乗り)が約15秒間隔で出発しています。山麓駅から山頂まで全長1260m、高低差300mを約7分で一気に駈け登ります。

※ロープウェイの乗車運賃はクマ牧場の入園料に含まれております。

ropeway_pic04

ロープウェイ山麓駅

ロープウェイから温泉街を望む
眼下に広がる太平洋の眺め
ロープウェイ山頂駅
新緑とロープウェイ
美しい紅葉とロープウェイ
初冬のロープウェイ

ロープウェイとは(単線自動循環式普通索道)

単線自動循環式普通索道は、起点停留場の滑車と終点停留場の滑車の間にエンドレスに張られた支えい索を、閉鎖式搬器の握索機が停留所で自動的に放索又は握索して旅客を輸送するものです。
一般にはゴンドラ又はゴンドラリフトと呼ばれ、多数の搬器が一定の間隔で握索して循環するため輸送力は大きくなります。停留場には、到着した搬器を支えい索から離すための放索させる装置と、放索後に旅客の降車を行ないながら反対側へ移動させるための押送装置、乗車が完了したのちに支えい索を再び握索させるための握索装置が設けられています。
このゴンドラリフトは最大乗車定員6名、秒速5m、12秒間隔で56台の搬器が運行しております。
所用時間は約5分で毎時1,800人を輸送できます。
(出展:一般社団法人 日本索道工業会HP)

ropeway_pic05

ロープウェイの歴史

~登別温泉ケーブルの沿革~クマ牧場とともに60年~

こちらから

空飛ぶサケとば トバ壱号・弐号

ロープウェーを使って鮭トバを作っています。

空中のゴンドラに鮭を吊るし、鮭を寒干ししてトバにするためのユニークゴンドラの運行を行っています。1日2器の運行となっておりますので、ゴンドラに乗車された際には是非注意深く探してみて下さい。12月初旬~3月まで運行する予定です。

因みに干し上がったトバはクマ用の飼料として活躍します。(山頂売店にて1個300円で3月下旬まで販売)

toba01

安全に対する取り組みについて

当社ロープウェイは年間を通した整備・管理下の元、安全に対し適切な環境でご利用いただけるよう、社員は非常時に備え救助訓練などを定期的に行い、お客様を安全かつ快適にご乗車頂けるよう日々励んでおります。

安全報告書

ropeway_pic07
ropeway_pic08