ここはクマがいっぱいの動物園!個性豊かなクマ達が待ってます

第1牧場(オス)

大迫力のエゾヒグマ

オスのヒグマはメスのヒグマに比べて、動きは少ないものの、東アジア最大の陸上動物ならではの体格と、毎年、5~7月は発情期間でそれぞれのクマが頂点を目指して奮闘する「ボス争い」を繰り広げるなど迫力があります。体調の優れない個体は獣医師がクマ山診療所で治療します。

kuma_catch02

じっくり観察できる人のオリ

第1牧場に併設されているクマを一番近く観察できるところです。人間が檻の中に入っているような造りになっており、クマ達がその周りを取り囲んでいますので、狙われる獲物になったような体験ができます。また、間近で目や耳、鼻や毛並みなどその特徴をじっくり観察できます。

kuma_catch02

大きなクマ達がおやつをおねだり!

豪快な背こすりの様子が見られるかも!?

のんびりだけど、いつでもおやつを待っています
自由気ままに仲良くお昼寝

ガラス越しの大迫力!

人のオリ(中央ガラス張り部分)

クマ山群雄伝~歴代ボス紹介

~群れを統率したボスたちの肖像~

こちらから

目指せボスの座~オスグマ群雄伝~ 

第2牧場(メス)

愛嬌たっぷりのエゾヒグマ

メスのヒグマは非常に活発で、2本足で立ったり、寝そべったり、ひょうきんなポーズでおやつをおねだりしたりします。中には器用なクマもいて、鉄製の木を登り、一番高いところからおやつおねだりします。ここでは、クマの動き、器用さ、賢さを観察できます。

アピールの仕方はクマそれぞれの個性が光ります
おやつをおねだり
あいさつのようなポーズ
遠くをみつめてひと休み
寒~い冬でもへっちゃら!
雪のソファー?で優雅におねだり

目指せ!センタークマ~NKB総選挙~

nkb_catch

NKB(N:のぼりべつ K:クマ B:牧場)センターの座は誰に?

以前は2月から7月までメスグマ達が集う第二牧場で、お客様から「クマのオヤツ」をよく貰えるセンターポジションに立ったクマに「センターグマ」の称号を与えると言う企画で実施していましたが、現在では4月下旬から5月下旬までご来場頂いたお客様によるメスグマの人気投票へと変わりました。投票上位7頭については「神セブン」としてオリジナルクリアファイルやポスター等で1年間活躍していきます。

2012nkb

2012年

2013nkb

2013年

2014nkb

2014年

2014nkb

2015年

2016nkb

2016年

2017nkb

2017年

2012nkb

2012年

2013nkb

2013年

2014nkb

2014年

2015nkb

2015年

2016nkb

2016年

2017nkb

2017年

2018nkb

2018年

2019nkb

2019年

センタークマの座は譲らない~神セブン~ 

子グマ牧場(子グマが生まれた年のみ)

ぬいぐるみ?いいえ、ちゃんと動きます!

ぬいぐるみのような子グマたち。子グマの幼稚園では、生まれて間もない赤ちゃんグマの愛くるしい姿が!
食べたり、遊んだり、お昼寝したり。毎日すくすく成長しています。
5月上旬~12月初旬までの公開。

koguma01わらのベッドでお昼寝タイム。

koguma01葉っぱも食べられるようになったよ。

koguma02日向ぼっこは気持ちいいなあ♪

koguma02今日は魚捕りの練習だよ、上手くいくかなあ?

koguma03量り売り?いやいや体重測定です。

2020年に誕生した子グマ(メス)の名前が【エース】に決定しました。

例年であれば、来園したお客様による公募にて名前が決定しますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の為の休業期間中に伴い、飼育員による命名となりました。
好奇心旺盛で、活発な母スミリと、温厚で誰にでも優しい父ユヅルから産まれたエースが、今後どんなクマに成長するのか、目が離せません。

子グマ牧場
お昼寝中の子グマたち
ぬいぐるみ?いえいえ本物です♪
じ~っと見てます。
あれっ、なんだろう?
ぽかぽかで眠たくなっちゃうなぁ
木登りも上手になりました。
来てくれてありがとう。また来てね~、山頂駅横で待ってます。

クマ山ステージ(クマのアスレチック)

自生している桂の巨木や580mの標高から見下ろす眺望の中で、「丸太渡り」や「餌探し」など優れたバランス感覚や手先の器用さ、加えてヒグマの驚くべき能力の一端(ブランコ乗り)を紹介。楽しくわかりやすいステージを是非ご覧下さい。

場所 クマ山ステージ
日時 通年
①10:30 ②15:00