身近なものを使ったフィーダー!

アヒル界隈で空前のサッカーブーム?!
プラスチック製のカプセルには穴が開いており、中の餌を転がして出すしくみのフィーダー。くちばしで器用にドリブルをして餌を食べます。
 

くちばしでフィーダーを転がし餌ゲット=1月2日、アヒルレース場


続いて、エゾリスのフィーダーを紹介します。ペットボトル型のフィーダーで、ボトルの側面には穴が開いており、回転させると穴から餌が出てきます。エゾリスはすぐに興味を持ち、見事中の餌を食べることに成功しました。
 
さらに、ガチャガチャカプセル型フィーダー。カプセルの底に穴を空け、フィーダーを吊るしたもの。カプセルを叩けば中から餌が落ちてくる仕組みですが、教えるとさっそく使いこなしていました。餌をセットする時間は昼ごろですので、無我夢中でフィーダーを動かしているエゾリスたちが見られるかもしれません。

 

知恵を駆使して餌をゲット=写真左ペットボトル型フィーダー、奥タイヨウ・手前セイジ、写真右カプセル型フィーダー、セイジ

 
 
環境エンリッチメントへの取り組み一覧はこちら