アイヌ文化を体感できるユーカラの里

ユーカラの里(アイヌコタン)

アイヌ文化を体感

クマ牧場のもう一つの顔として存在するのがこの「ユーカラの里」です。ユーカラの里は失われつつある、アイヌの貴重な文化遺産を保存し、有形無形文化財を後世に伝えるため、明治初期の生活様式を忠実に再現しています。また、平取町二風谷から文化保存として伝承者が(5~10月まで)常駐しています。
さらにユーカラの里内の売店にはアイヌ文様の貸衣装(500円/1人)がございます。ぜひアイヌ伝統文様の衣装を身にまとって、アイヌの文化を体験してください。
※10月21日~4月末の期間は閉村しています

技と知恵を知るアイヌ生活資料館

ユーカラの里内にある生活資料館では、ポロチプ(大きな舟)やタマサイ(首飾り)、エチュシ(酒差し)、エムシ(刀)など、アイヌ民族の貴重な生活用具を展示しております。先住民族アイヌの自然と良く調和のとれた生活の知恵を是非ご覧下さい。

リス村

北海道に生息しているエゾリスを飼育展示しています。とても臆病な動物なので巣箱に隠れることもあり、お目にかかれないこともありますが、会えることを願って足を運んでみて下さい。 ※冬期間は積雪等の理由によりご見学できない事がございます