ヒグマ博物館・ヒグマのレクチャー・クッタラ湖展望台

ヒグマ博物館

世界でも珍しいヒグマ専門博物館

ヒグマ博物館は生後1日目から成獣までの世代別剥製、骨格標本やクマの起源と歴史、世界の分布状況や人畜の被害状況、ヒグマの習性と生態など興味深い資料が約500点展示されており、クマの一生をつぶさにご覧いただけます。

museum01

museum02

museum02

museum01

museum01

museum01

ヒグマのレクチャー

飼育員によるヒグマの生態レクチャー

のぼりべつクマ牧場の飼育員がヒグマやリスの生態、飼育に関する裏話、ここでしか聞けない最先端の研究の話など毎回テーマを変え、実物や動画、写真を用いてお話をします。
聴講して頂いた方には、聴講記念証として飼育員お手製のオリジナルカードをお渡ししています。

 

lecture

クッタラ湖展望台

日本屈指の透明度を誇る湖を展望

周囲8km、湖面高257m深さ145mの真円形の神秘的な湖をヒグマ博物館の屋上より展望することができます。その他、太平洋、オロフレ峠、来馬岳、遠くは渡島半島や下北半島までそのパノラマは豊富です。また、支笏洞爺国立公園の原生林も見所の一つです。

hakubutsukan04

クッタラ湖

周囲8km、湖面高257m、深さ146.5mの真円形の神秘的なカルデラ湖です。
湖岸には流れ込む川も流れ出す川もない静ひつ孤独な湖であり、登別温泉の源泉とも言われています。
エゾサンショウウオやヒメマス、ニジマス、エビなどが生息しています。

展望台からの眺め
秋のクッタラ湖
冬景色のクッタラ湖
神秘的な雲海のクッタラ湖
クッタラ湖の美しい夕景