ロープウェイの歴史

登別温泉ケーブルの沿革

~クマ牧場とともに60年~

1956年(昭和31年)原生林やクッタラ湖、太平洋の眺望など登別温泉の観光資源の開発と発展のため、第3セクター方式で登別温泉ケーブル株式会社が設立され、翌1957年(昭和32年)北海道で初めてのロープウェイをクマ山(四方嶺)山頂へ架設しました。

そして翌1958年(昭和33年)北海道に生息する野生動物エゾヒグマ8頭によりクマ牧場を開設し、1966年(昭和41年)長年の研究、実験の末、初のエゾヒグマの繁殖に成功し、現在では飼育頭数100余頭を数えるまでに拡大しました。

1973年(昭和48年)には交走式ロープウェイを架設し、日本初のロープウェイ復々線化を完成しました。以来ロープウェイの輸送人員は約3800万人を越え、のぼりべつクマ牧場は年間25万人の来場者が訪れる観光名所へと発展を遂げました。

historyS48olympic

昭和48年 交走式開通(オリンピック号)

1957年(昭和32年)~

登別温泉ケーブル開通

1957年(昭和32年)北海道で初めてのロープウェイをクマ山(四方嶺)山頂へ架設しました。
当時は全国で2番めの3線自動循環式ロープウェイで、温泉街のロープウェイ温泉駅からクマ牧場のある標高550mのクマ山まで延長1,300m、高低差300mをロープウェイで繋ぎました。

開通記念ゴンドラ

開通記念ゴンドラ

山頂に向うゴンドラ

山頂に向うゴンドラ

市民で賑わう開通式

市民で賑わう開通式

昭和35年の山麓駅

昭和35年の山麓駅

温泉街を下方に望む

温泉街を下方に望む

historyS32kaitsuu01

山頂駅周辺

1973年(昭和48年)~

三線交走式ロープウェイ オリンピック号

当時クマ牧場ロープウェイは8人乗りゴンドラを28台運転していましたが、片道10分かかり、観光期には待ち時間が長くなるのが問題でした。
そこで札幌オリンピック(1972年:昭和47年)の恵庭岳滑降コースで使用されたロープウェイ施設を導入し、日本初の自動循環式ロープウェイと交走式ロープウェイの並走となりました。オリンピック号は片道5分、41人乗りの能力で平成2年の引退までクマ牧場の輸送力向上に貢献しました。

交走式ロープウェイ移設工事

交走式ロープウェイ移設工事

交走式ロープウェイ駅舎工事

交走式ロープウェイ駅舎工事

historyS48olympic01

昭和48年 交走式ロープウェイ「オリンピック号」運行開始

平成元年~平成4年頃

自動循環式と交走式ロープウェイの並走

昭和60年代後半頃

自動循環式と交走式ロープウェイの並走

単線自動循環式ロープウェイ施設工事

単線自動循環式ロープウェイ施設工事

単線自動循環式ロープウェイ施設工事

単線自動循環式ロープウェイ施設工事

平成2年 単線自動循環式と交走式の並行営業開始

平成2年 単線自動循環式と交走式の並行営業開始

historyS48olympic05

平成4年 役目を終え、引退するオリンピック号

1990年(平成2年)~

ゴンドラリフトの登場

平成2年(1990年)より設備更新のため8人乗りロープウェイをゴンドラリフトに架け替えしました。
このゴンドラリフトは最大乗車定員6名、秒速5m、12秒間隔で56台の搬器が運行しております。所用時間は約5分で毎時1,800人を輸送します。

夏のゴンドラリフト

美しい雲海とゴンドラ

美しい雲海とゴンドラ

雪景色とゴンドラ

雪景色とゴンドラ

現在の9号支柱より山麓を展望

現在の9号支柱より山麓を展望

山麓駅

山麓駅

山頂駅

山頂駅